歯科衛生士が在宅医療において必要とされているのは、まず最初に口腔内をきれいに掃除することです。

患者さんの口の中が不潔だと、細菌が繁殖した不衛生なカスそのものを飲み込む事になりかねません。

歯科で使われるカリソルブは、要は「科学によって虫歯の部分だけを溶かしてしまうお薬」です。

その際、むし歯以外の所の歯には全く悪影響を与えない安心して使える薬です。

歯の表面を削って白く見せるために研磨剤が入っているハミガキ粉は、少々イメージのよくない用途ですが、歯の再石灰化を促すということは有意義な作用となります。

歯のクリーニングを受けるのは、歯周病を引き起こす菌の広がるのを止める優れた方法だと、科学で証明されており、感覚的に心地よいというだけではないと考えられています。

数が少ない口腔外科というのは、歯槽膿漏、虫歯または義歯の治療だけにとどまらず、他にも口腔内に生じるさまざまな問題に対応できる歯科診療科の一つです。

規則正しい暮らしを心に刻み、唾液によった修築作業をもっと促すという要所を理解し、大切な虫歯予防という点を考慮する事が適切なのです。

口内炎ができる誘発事項は、摂取するビタミン量が足りないのがそれのなかの一つではありますが、それに必要なビタミン類は簡単に飲みやすいサプリメントや、ドラッグストアでも手に入る医薬品の服用薬としても販売されています。

私達の歯の外側を覆っている生体で最も硬いエナメル質のすぐ下の場所から、口腔酸性の度合いが弱くなりペーハー(PH)の数値が5.5から5.7より小さい数値になると、リンやカルシウムなどが溶けてなくなってしまいます。

今流行のインプラントとは、歯肉の内部に存在する顎の骨に、チタンで作られた人工の歯根を埋めて、その上に予め作られた歯をしっかり取り付ける治療のことです。

美しい歯にすることを焦点に置いているので、歯と歯の噛み合わせの確認などを省略したような症例が、非常に多く届けられているそうです。

口腔外科というところは、その性質として、顎口腔の機能改善を中心に据えているので、内科寄りの処置やストレスによる精神障害などに及ぶまで、担当する範囲は大変幅広く在ります。

キシリトール内の成分には虫歯を拒む機能があるとした研究結果が発表され、それ以降は、日本はもちろん世界中のいろんな国々で非常に盛んに研究が続けられました。

口の中の乾き、歯周病はもちろんのこと、入れ歯の使用で生じる口臭など、加齢と口の臭いの関連性には、ことさらいっぱい理由が考えられます。

歯に付くちゅらトゥースホワイトニングについて、一体あなたはどれくらい把握していますか?テレビやCM等でも大変よく流れる言葉ですので、初耳の言葉、そういうことはあまりないのではないかと思われます。

病気や仕事などによって、疲れがどんどん貯まってしまって体力が著しく低下したり、栄養のバランスが不均衡な食事が長く続いたりすると、体調の悪いシチュエーションに変わった頃に口内炎が起こりやすくなってしまいます。